防犯対策

泥棒は空き巣などに入り金品を窃盗する事を生業としています。迷惑としか言いようがないですが防犯対策により財産を守る事は可能です。 対策をする時に頭に入れておいて欲しいのは、守る側の考え方ではなく泥棒側の気持ちになる事です。 防犯対策自体は開発しては破られの繰り返しです。高性能の鍵が開発されても時間さえかければ必ず開錠できてしまうように、絶対安全という事はありません。 ひとたび泥棒がやる気になり時間や手間を惜しまなかったら侵入されずに済むという事はまずないのです。 とはいえ泥棒は捕まってしまうのが一番困るので、楽に出来るだけ安全に侵入出来る家を好みます。なのでまずは狙われない家にする防犯対策を考えていきます。

最近人気の防犯砂利について少しお話しします。結論から言うと防犯砂利は有効です。捕まるのが嫌な泥棒は自分以外の人がひきつけられる可能性があるものを嫌うからです。実際そんなに大きな音が出るわけではありませんが、罪に問われる事をしている、捕まってしまっては困るという気持ちを呼び起こす事が出来るからです。 同じ立地で防犯砂利がある家と無い家、あなたならどちらに泥棒に入るでしょうか。もちろん気が付かれる危険の少ない砂利なしの家に決まっていますよね。 防犯砂利のように見て音を出すものだと怯み、実際に乗って見つかるという不安をあおる事が、窃盗を諦めさせるとう防犯の効果となって現れるのです。 しかし防犯砂利はきちんと設置しないと効果が半減してしまいますので注意が必要です。